食卓に家族の笑顔を求めて

食べることは生きること

先日、暮らしに関する本を読み、改めて食の大切さに触れました。

SPONSORED LINK

主人も長男も少食で、いつも残り物を私が食べる・・・となるので食事には手をかけていない私。

「食べることは生きること」。

何度か耳にしたことがあるし、わかってはいるつもりでしたが、

もっと、食事に気を遣っていきたいなと思いました。

 

でも現実は・・・

とっても久しぶりに昆布とかつおでちゃんとダシをとって、

魚を主菜に和食で一汁三菜作りました。

私は自分の好きな物ばかりだったのでもりもり食べましたが、

家族の反応はイマイチ。

 

長男の好物は唐揚げとポテト。

どちらも冷凍食品、お惣菜、ファストフードで簡単に手に入るため、

手作りじゃない物を口にすることが多く、

喜んで食べている姿を見ても

母親としては複雑です。

 

よく聞く話だし、そんなもんだとわかっていても、

料理するのが好きじゃない私にとっては

何かモチベーションがあがる要素がほしい。

家族が、おいしー!と言ってくれる、残さず自分から食べてくれる

そんな料理が作りたいものです。

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です