夏休みで得た「子育ての心得」

たった今、長男の「あゆみ」の保護者欄の記入が終わりました。

腰が痛い…

実家や友達や旦那に支えられながら、なんとか今を迎えられました。とにかくまず感謝の気持ちです。

そしてこの夏休み、親としての心得を実感しました。

それは

SPONSORED LINK

「信じること」

子どもの言うことを信じる。

子どもの成長を信じる。

本当はわかってくれている、と信じる。

いつかわかってくれると、信じる。

 

夏休み、子どもと向き合ってばかりの毎日、逃げたい泣きたい1人になりたい状況に何度も置かれました。

その中で、子どもを信じることで、前が見えるというか、希望が持てました。

そして、すぐではなくても、何日も経って忘れた頃でも、私の信じる気持ちに応えてくれた子ども達。

自分のがんばりを認めてもらえたように思えました。

結局、私も息子達と同じだなとつくづく思います。

 

夏休み最終日、

何より嬉しかったのは、長男が夕食を残さず食べ、「あーおいしかった!」と言ってくれたことでした。

完全に自己満足です( ´ ▽ ` )ノ

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です