お別れ

SPONSORED LINK

6 / 29、勤めていた保育園を退職しました。

勤務最終日、保護者に挨拶はするものの、

いつも通りの一日を過ごすはずでした。

ところが、思わぬサプライズ!

ピアニカで遊ぶ日だったので、みんなでピアニカをした後、

久しぶりの晴れ間だし、公園に行くのかと思いきや、

椅子を並べ出し、ピアニカのプチ発表会…

ちょっと不自然。

もしかして…と思っていたら、お休みの先生、退職した先生達が突然入室!

その瞬間、涙が溢れ出てしまいました。

(今も思い出しただけで涙が…)

そして、子ども達と先生達から歌のプレゼント。

先生達からお花と、手作りのアルバムを頂きました。

手渡してくれたのは、

私が3年前に担任していた女の子(後で折り紙のプレゼントをくれました)と、

2年前と今年担任していた男の子。

2人で「ありがとう」と言って渡してくれました。

最後に、園長から 手作りの「感謝状」を頂きました。

私は「不器用な努力家」だそうです。(笑)

さすが園長、絶妙な表現です。

とにかく、涙が止まらない、感動的なお別れ会でした。

これは保育主任の発案で、忙しいのに、先生方で準備をしてくださったようです。

さすが…

本当に素晴らしい先生方です。

こんなに優しくて優秀なスタッフばかりの園は、なかなかないと思います。

一人くらい、くせのある人がいてもおかしくないのが「職場」だと思うのですが、

嫌な感じの人は一人もいません。

どの先生方も、仕事熱心で優しく、保育士として、人として尊敬できる方ばかりでした。

そんな中で仕事ができたこと。この幸運に心から感謝しています。

お別れ会の後は気持ちを切り替えて普通に保育。

あっという間に勤務の時間を終えて、皆とお別れをし、息子を迎えに行きました。

今度は息子の園で、先生方とお別れの挨拶。

たった3ヶ月間だったにも関わらず、制作の作品をまとめた思い出帳を作って下さっていました。

同じ系列の園なので、育休前に一緒に仕事をしていた先生もいて、

息子よりも私の方が辛いお別れとなりました。

写真は、お別れ会でもらったお花とアルバムと、上記の女の子にもらった折り紙のプレゼントです☆

20120706-104002.jpg

そしてその後も。

妊婦の頃からのママ友のおうちに、皆が集まってくれて、

ママ友と最後のお茶会。

なんだか全然実感が湧かないまま、お別れを迎えてしまいました。

実家が県外の私にとって、育休中、ママ友の存在は心の支えでした。

出身地も年齢もバラバラでだけど、育児の悩みは皆同じ。

息子のおかげで、大好きな、大切な友人ができました。

今までの思い出を思い出しながら

もうお別れだと思うと悲しいですが、

会いに行く楽しみが増えると思って、

今から再会を楽しみにしようと思います(*^_^*)

また会おうね!

20120706-104049.jpg

SPONSORED LINK

コメント

タイトルとURLをコピーしました